ICLポリシー

ICLポリシー1 いすゞグループの一員として

アイ・シー・エルは1958年に創業。以来私たちは約半世紀の歴史を重ねる中で、いすゞグループのユニークな企業として発展を続けています。
いすゞの自動車開発と連携し車両にはもちろん、市場にも最適な製品を開発・提供するという役割を担っています。これからもずっと、いすゞグループの一員として私たちは豊かなカーライフを創造する商品を提供します。

ICLポリシー1 お客様に100%の満足をいただくために

アイ・シー・エルは、何よりもお客様に100%の満足をいただく事を大切にしています。そのためにも、全世界のお客様のニーズにきめ細かく対応し、お客様に信頼され満足していただける高品質な製品とサービスを提供します。さらに、お客様の車両を魅力あるものにする努力を続け、これからも"顧客第一主義"を貫き通してまいります。

ICLポリシー1 人のために、地球のために

人に、そして地球環境にやさしい企業、それがアイ・シー・エルに課せられた使命です。自動車の安全性を高めるために後方確認モニターなどの製品をラインアップ。燃費向上のためにエアロパーツやアイドリング不要の空調システム、軽量特装パネルなど環境保護に繋がる製品開発を推進します。

ICLポリシー1 世界を舞台に躍進を目指す

アイ・シー・エルの視線は、日本から海の向こうへ・・・
私たちは、「商用車とディーゼルエンジンのグローバルリーディングカンパニー」を目指すいすゞ自動車と歩調を合わせ、海外事業も積極的に展開していきます。海外の全てのお客様にも豊かなカーライフをお届けします。

>