沿革

1958年7月 いすゞ自動車株式会社の資本参加を得て、「協同産業株式会社」を設立、資本金2千万円
東京都港区に本社を置き、自動車用品・部品・工具の販売を開始
1964年2月 資本金を6千万円に増資
1968年5月 タイ国への自動車部品の輸出業務を開始
1981年5月 資本金を1億2千万円に増資
1984年5月 社名を「株式会社いすゞ力−ライフ」に変更
1988年6月 本社「ICLビル」竣工
1994年11月 社名を「株式会社アイ・シー・エル」に変更
1995年2月 資本金を6億8千万円に増資し、いすゞ自動車株式会社100%資本
いすゞ自動車の用品ビジネスを全面的に移管
1997年11月 タイ国に「ICL (Thailand) Co., Ltd.」を設立、純正LCV用品ビジネスを開始
2004年3月 商業車用サービスパーツ”BESTFIX”シリーズの本格的事業展開を開始
2005年12月 オリジナル開発商品「LEDコンビテールランプ」の発売開始
2007年2月 いすゞネットワーク株式会社(現 いすゞ自動車販売株式会社)100%資本へ変更
2007年6月 ICL (Thailand) Co., Ltd.を増資し、純正CV用品、BESTFIXビジネスを追加展開
2010年5月 オリジナル開発商品 アイドリングストップクーラー「i-Cool」 の発売開始