DPDコンディショナー

継続的にDPDを良好な状態に

エンジンから排出されるPM(粒子状物質・煤)量を低減。
PM(粒子状物質・煤)を小さくして燃えやすく

添加前/PMによる詰まり ▶︎ 添加後/PMが小さくなり燃えやすくなる

使用方法

燃料タンク満タンの状態で1本添加
(目安:燃料タンク50〜100リットルに1本)

使用頻度

継続的な添加が効果的

効果

  • DPD自動再生のインターバルが伸びる
  • ● DPD手動再生要求頻度の低減
  • エンジンチェックランプ(PM過捕集等)点灯頻度の低減
  • ● 酸化触媒前面のPM(粒子状物質・煤)詰まり抑制

主な使用対象

● 低速主体 ● go-stopが多い ●アイドル頻度大
● 配送車(コンビニ、新聞etc) ● 塵芥車 ● 路線バス

*適用車型:いすゞ自動車製排ガス浄化装置(DPD)装着車両